アイシン新和株式会社

MENU
会社情報
事業紹介
ニュース

環境への取り組み

環境基本姿勢

アイシン新和株式会社は、恵み豊かな自然を守り、美しい風土を次世代に伝えるため『地域に根ざした企業』を基本として、全社的な環境への取り組みを継続的に展開し、地域と共生した環境保全に積極的に貢献していきます。

環境方針

アイシン新和グループで働く従業員一人ひとりが本方針を理解し、環境に関わる情報・技術・人材等を共有し、自らの役割と責任を自覚し、環境保全に貢献する。

  1. 事業活動に係わる環境への影響を認識し、環境目的・目標、計画を定め、環境マネジメントシステムの継続的改善に努めます。
  2. 環境への影響を低減するため、ライフサイクルを考慮した発生源対策に努め、省資源、省エネルギー、リサイクル、廃棄物低減活動に取り組みます。
  3. 環境に関連する法令・協定の遵守はもとより、自主基準を制定し、汚染予防・環境保護に努めます。
  4. 地域社会との協調を大切にし、地域、地球環境保護活動に貢献します。

ISO14001環境マネジメントシステム

アイシン新和は、恵み豊かな自然を守り、美しい風土を次世代に伝えるために、環境方針に基づいた環境保全への施策を展開しています。2004年にはISO14001を認証取得して以降、外部ISO定期審査の受審、定期的な内部監査の実施などによって、環境マネジメントシステムの継続的な改善を図っています。

環境マネジメントシステム適用範囲

環境マネジメントシステム適用範囲

環境保全活動

アイシン新和は自然豊かな黒部川扇状地である入善町のほぼ中央に位置しています。工場の周辺には大型商業店舗や住宅地に囲まれており、敷地周辺に配慮した工場運営を念頭において生産活動を進めています。

大気

構内で発生する粉じんは集塵機によって取り込まれて周囲に飛散しないよう管理しています。
集塵機を環境重点設備と位置付けてその管理を確実に実施することや、構内や周辺地域において粉じんなどの継続した測定・分析を実施して周辺地域に影響がないか監視しています。

大気

水質

雨水も含めた工場から出るすべての排水を総合排水処理場で管理しています。排水は定期的に分析をおこない、定められた水質を維持する体制を整えています。
処理された排水は構内の「鯉池」を通り、外部に放水されています。

総合排水処理場
総合排水処理場
最終放水場の鯉池
最終放水場の鯉池

騒音・振動

敷地境界線の測定点を定め、定期的に測定して規制値を満足しているか、確認しています。
2018年に竣工した第5工場では、敷地境界に向けては窓の無い設計で周辺に出る騒音・振動などを抑制しています。

第5工場
第5工場

臭気

構内から放出する空気に残存する「臭気」を“消臭器”を通して大気に放出しています。
工場内の集塵機の排出ダクトに消臭器を設置し、臭気管理をおこなっています。
定期的に臭気測定を外部機関に依頼し、改善を進めています。

集塵機
集塵機

環境コミュニケーション

定期的に周辺の地区住民をお迎えして工場見学会を開催し、環境活動の報告や住民とのコミュニケーションを図っています。
また敷地周辺のボランティア清掃を行い、地域美化に協力しています。

環境コミュニケーション
環境コミュニケーション

緑にかこまれた工場

働く人々や地域環境に配慮し、安全で快適で健康な環境づくりのために構内の緑化を推進しています。

緑にかこまれた工場
緑にかこまれた工場

お問い合わせ

安全環境推進室

tel 0765-72-5815 受付時間:
月~金曜日の8時から17時まで