アイシン新和株式会社

MENU
会社情報
事業紹介
ニュース

社会への取り組み

次世代育成支援対策行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境をつくることによって、すべての社員がその能力を十分発揮できるようにするため、次のとおりに行動計画を策定する。

計画期間

令和2年4月1日から令和5年3月31日までの3年間

内容

目標1
計画期間内に従業員一人当たりの年間所定外労働時間を450時間から400時間以下とする

【対策】継続
  • 人材の確保に努め、生産負荷に応じた適正な人員配置を行い、社内の労働時間のばらつきを抑える
  • 従業員のスキルアップを目的とした教育を計画的に行い、従業員の多能工化を進め、従業員間の労働時間のばらつきを抑える
  • 管理部門では従業員の就業効率が上がるようフレックスタイム制度の活用を促進する。
  • 管理部門においては、上司からの残業指示を明確にし、残業低減の促進を図る。

目標2
計画期間内に、全従業員が年次有給休暇の年間取得日数を最低14日以上とする
それと共に働きやすい環境づくりに取組む

【対策】継続
  • 毎月1日以上の有給休暇の取得計画を立て、みんなが計画どおりに取得するよう管理を行う。
  • 取得状況を毎日フォローができる管理体制を構築し、取得しやすい職場環境づくりを進める。
  • 上司と部下がコミュニケーションを取りやすい環境・職場づくりを進める。

目標3
毎年インターンシップの受入を行う

【対策】継続
  • 富山県インターンシップ推進協議会と協議し、受入計画を策定する。
  • 大学生、高校生の受け入れの呼びかけを積極的に行う。

目標4
対象従業員へ育児休業制度の再案内を実施する

【対策】令和2年4月~
  • 結婚や出産を予定している従業員に対して、改めて「育児休業制度」の案内を行う。

女性の職業生活における活躍の推進に関する行動計画

女性の活躍できる雇用環境の整備と創出を行い、女性の応募数、採用数を増やすため、次のとおりに「行動計画」を策定する。
〔2016年3月28日発行〕

計画期間

平成28年4月1日から令和3年3月31日までの5年間

当社の課題

  1. 平成18年の分社化以降、女性の応募数、採用数が減少している
  2. 入社された女性の継続率は男性と比べ低下している
  3. 入社された女性のほとんどが検査作業の職場である

目標と取組内容・実施時期

目標1
採用者に占める女性割合を15%以上とする

【取組内容・実施時期】平成28年4月~
  1. 女性が長期継続して勤務出来る業務への改善と職場の創出を検討する。平成28年6月~
  2. 【1.】を受け、学卒や一般向けの求人内容の見直しを検討する。平成28年7月~
  3. 採用活動を進める。
以降、毎年4月から【1.】~【3.】を繰り返しながら、採用活動を強化していく。

目標2
従業員全体の残業時間を月平均30時間以内とする

【取組内容・実施時期】平成28年4月~
  1. 要員会議を開催し、翌月以降の生産動向を考慮しながら、1人あたりの業務量(残業時間)を一定内に抑えるよう要員調整を行う。
  2. 非正規社員(派遣社員)の定着を図るため、定期的な個人面談の実施や各派遣会社との情報交換の場を設定する。
以降、毎年4月から【1.】【2.】を行い、人員不足を原因とした職場環境の悪化を防止していく。